五反田にある拘束M性感「CLUB G」は、その名の通り拘束されて痴女に責められるM男のためのM性感のお店だ!

某有名な風俗サイトを見ていてもM性感や痴女というカテゴリーがあって、やはり今では結構メジャーなジャンルなんだなーって改めて感じてしまった。
そもそもまだM性感がなんだかわからない人にM性感についてご説明しますと、M性感っていうのは、性感ヘルスとSMクラブのちょうど中間のような風俗のことで、男性が女性に責められるプレーなんだけど、
当然ここで責めてくれる女性っていうのは誰でもいいわけではなくて、痴女とか女王様に性感帯を責められるという受身なM男向けの快感風俗がM性感なんだ。

激しいプレイの大好きな女王様

M男にとって、普通の風俗は全く物足りないものなのなのですが、じゃあSMクラブは?っていうとそこまでハードなのはちょっと…っていう人にとっては、
M性感はまさにちょうど良いハードさで、受け身のM男はこのM性感で目隠しや拘束された状態で、言葉責めをされながらアナルや前立腺を刺激されながら、サオやカリ、タマを刺激され、発射寸前のところで刺激をやめられて、そんな射精管理もまたM男にとっては願ったりかなったりの状況のようで~~(笑)

そしてそんな調子で何度も寸止めされたのち、ラストは顔面騎乗されたりしながらペニスを激しくしごかれ昇天というのが一般的なM性感でのプレイ内容のようだ。

M性感で使用される器具としては、アナル前立腺プレイをするペニスバンドやエネマグラ、アナルバイブ、アナルパールなどで、アナルを刺激されるときに使用されるゴム製の指サックも大体の嬢が常備している。バイアグラなんかは用意してくれてないので使いたい人は自分で用意する必要がある。使ったらどうなるか気になる人はこのサイトを見てみて欲しい。→バイアグラの効果について

女王様以外で痴女に責められるとあるが、要は女性が主導権を持って積極的に責めてくる女王様までいかない、エロい女みたいなのがいわゆる痴女で、M性感でいろいろ男性の性感帯を責めてくるのは痴女と呼ばれる嬢で、この痴女はM性感を熟知しているので、
M性感の魅力がわからない男性でも開拓してもらえるので、もしかしたらアナルや前立腺の気持ち良さを知ることができるかもしれないので、関心がある人は是非M性感の魅力を体感してほしいね。

俺が子供の頃の女の人の評価としては、痩せている事が美の象徴で、太っているというだけで綺麗じゃないみたいな風潮があった気がする。

それについては今も漠然と痩せる事が綺麗という価値観は根強く、ダイエット系のCMも痩せたら綺麗になれるみたいなプロモーションになっている。

しかし、明らかに太っている人が太っているというのは理解出来るが、実は一昔前までは、胸がチョーデカイ事も太っているとされていたのを記憶している。

だから若いアイドルで胸が大きく成長しちゃった場合、今だったら巨乳アイドルになったり、グラビアの仕事が殺到していたと思うけど、当時は太っているから恥ずかしいみたいな現象が起きていて、胸の大きいアイドルを好きな人はちょっとマニアックみたいな扱いを受けていた気がする。

そして太っている女=綺麗じゃないという評価になってしまっていた。

もう一つの理由としては、当時は洋服のサイズが大きいサイズは極端に少なく、太っている人が着る服というとサイズが無いので、結果としてちょっと大き目の服をブカブカに着たり、男性サイズの服を着ていたんだと思う。

そうする事で、逆にもっと太って見えたり、胸がデカい人がブカブカな服を着ると、ウエストを絞った服じゃないので、実際よりも太って見える現象があって、結果胸が大きい人も太っているという扱いを受けていたんだと思う。

巨乳のようにつやつやして大きなトマト

ところが時代はぽっちゃりブームになって、ブームが来たからと言って、痩せている人が好きという価値観は特に今も変わってはいないが、それでも昔よりは太っている人が着られるおしゃれな服が増えたり、メイク技術の進歩で、昔よりも格段に太っていてかわいい女の子が増えたような気がするもんな。

そしてそんな太った女の子が働くぽっちゃり系の風俗店が今大流行していて、タレントの渡辺直美さんみたいな体型の人から、顔は痩せているのに、物凄い胸が大きい人まで実に様々な人たちが在籍している。

ぽっちゃりという言葉の概念が広いので、人によっては「ただのデブじゃねーか!w」って思う人もいるかもしれませんが、この魅力に憑りつかれてしまった人たちにとっては、他では絶対経験出来ないような人たちと出会えるので、もしぽっちゃりが気になる人、爆乳が気になる人は是非一度風俗検索サイトをチェックし、ぽっちゃり系風俗店のページを見て欲しいです!マジで!!w

以前に俺が体験した高級ソープランドの体験談を話したいと思う。

俺はそもそもそんなにソープランドに入ったことがなかった。
別にソープランド自体にも興味がないとかじゃなく、単に他の風俗の業種がもっと好きなだけだけど、なぜ、高級ソープランドに行くことになったかというと、話は今から20年前にさかのぼりま~す。(笑)

当時の俺はとある代理店の仕事をしていて、そこの会社の社長が熱狂的なプロレスファンで、どれくらいプロレスファンなのかというと、当時は大仁田厚全盛の時代で、社長は大仁田厚の電流爆破デスマッチを見て涙を流すほど熱狂的で、

そんな熱狂的なファンだった社長は、会社でお金を持ったことで一ファンという存在から、もっとプロレスに踏み込んでみようと考えたのか、通常のファンであれば距離をとるところを、一歩踏み込んで関係者になりたい。

そんな感じが近くにいて感じられていた~

プロレスファンというのは、特定の団体のみを熱狂的に応援していると思いきや、プロレス自体のファンを増やしたり知名度を上げ、もっともっと社会的に求められてほしいという、

ある種親衛隊というか、サポーターというか、盛り上げることや、どうやったら選手に喜んでもらえるのか?とかそういう献身的ない気持ちが感じてとれた。

ある日別のプロレス団体の社長と話す機会があって、そこで意気投合した社長は、その日を境にそのプロレス団体に出入りするようになっていった。

社員である俺も、付き添いでそこのプロレス団体の事務所にたびたび行っていたが、テレビでよく見る有名プロレスラーが当時は現役選手として活躍していて、その有名人が目の前にいるということで、ただの若者だった俺は凄く鼻が高い気分になっていた。

次第に仲良くなったプロレス選手は、僕らの会社の事務所にも遊びに来るようになり、社長は彼らのオフィシャルグッズを買うことで、間接的におこずかいを渡す。

そんな関係性になっていた!

高級ソープの風俗嬢

社長からすれば、自分が憧れていたプロレスの世界のプロレスラーにおこずかいを渡すことで、自分が憧れた世界の一員になれた気がしているのかもしれない……

ある日いつものようにプロレスラーが事務所に遊びに来ていて、そこでレスラーが「社長!女抱きに行きましょうよ!」というと社長が「ちょっと待ってろ」と言って、普段交流のあるスポーツ新聞の編集長に電話をしていた。

スポーツ新聞といえば、当時風俗情報で溢れていたので、そのコネクションで、オススメのソープランドを紹介してほしいという内容だった。

その流れで、自分と社長と社長の友達、若手プロレスラー、中堅プロレスラーで、高級ソープランドに行くこととなったのだ……

いつも会社に遊びに来ていたプロレスラーの「社長!女抱きに行きましょうよ!」という一言で高級ソープランドに行くことになった5人。

メンバーは、自分と社長と社長の友達、若手プロレスラー、中堅プロレスラー。

なぜ高級ソープランドに行くことになったのかというと、社長が交流のあったスポーツ新聞の編集長に電話で相談したところ、編集長が紹介してくれたのがその高級ソープランドで、人数を5人だと伝えると、律儀にナンバー1からナンバー5まで5人分ソープ嬢を予約までしてくれた。

編集長がソープ嬢を予約してくれたということで、すぐにソープランドに向かうことになった俺らはタクシーに2人、3人で鴬谷駅へと向かったのだ。

鶯谷駅に着いた俺ら5人は、すぐそこに到着した黒塗りのハイヤーに再度乗り込み、あっという間にお店についたのだった。

最初からお店の住所や名前を教えてもらって向かえばいいだけの話なのに、なんでわざわざ鶯谷駅で降りてハイヤーに乗り換えなきゃいけなかったのかというと、高級ソープランドなんで、もしかしたらハイヤーで駅まで迎えに行くっていうことも含めて、高級ソープランドのサービスなのかなぁと感じた。

お店に到着すると、待ってましたとばかりに黒服のダンディーな紳士が奥の部屋に通してくれて、ついた場所は真っ赤なカーペットが敷き詰められただだっ広い部屋に、ゆったりとしたソファーが並んでいて、そこに5人で座っていたところ、ダンディーな黒服がメニュー表のようなものを持ってきて、

若手プロレスラーに対し、「お好みの女性のタイプはありますか?」と聞くと、若手プロレスラーは「ダイアナ妃」と答え、黒服が「……。」と固まっていたので、

その様子に気づいた社長が「ナンバー1からナンバー5ってどれ?」とメニューを見た。

するとどれも美人で特にどれでも大差がないくらい、どの女性も綺麗だった。

そこで社長の仕切りでナンバー1ナンバー2が中堅プロレスラー、若手プロレスラー。
そしてナンバー3ナンバー4が社長の友達と社長、そして僕がナンバー5ということで、それぞれが迎えに来たナンバー1~ナンバー5に連れられて部屋に通されていった……

その前に社長がお会計で50万を渡しているのが見えたので、高級ソープランドって一人10万円なの!?って驚きながらも、隣にいる透き通るような肌の美人と歩きながら緊張が隠せなかった…ってそんな話だった!

続きはどうだったっけ!?って思い出して、次回のブログに…

上野の風俗の外国人ソープ嬢

ナンパ成功率の仕組み

普段出会いが無い人にとっては、合コンや婚活パーティーに行かないと、なかなか素敵な女性と出会えるチャンスはないかもしれないが、だからといって見知らぬ相手に声をかけるのはなかなか勇気も要るしハードルが高い!

もし合コンや婚活パーティーに参加して気になる女性を見つけても、結局ナンパみたいに初対面の人に話しかける勇気や会話力が無ければ、せっかくいい人と出会えても、話しかけることすら出来ずにお開きになってしまう事もありがちだ。

そういう場に来るという事は、当然女性も自分から声をかけるよりは、声をかけられたいと思っているはずなので、節度を守った上で、勇気を出して、話しかけてみたら思わぬ出会いがあるかもしれません!

本当に女性は声をかけられたいと思っているかどうかという事を研究した人がいるらしく、アメリカの心理学者が、日本を含む世界各国で男性から女性へのナンパの成功率を調査したらしく、この調査の結果、全体の83.2%がナンパで相手とのコミュニケーションを成立させている事が判明しているってことだよね。

海外はともかく、日本やアジアではシャイな人が多そうなんで、ナンパ行為は無視されるのではないか?って思いるけれど、それでも成功率は70.5%に達していたという。

また他で専門家が調査した結果、モテない男性よりも、モテる男性の方が女性に「話しかける」という習慣があるらしい。

男性は特にプライドの高い生き物なので、自分から話しかけるより、相手から話しかけてくるまで待つ人が多いらしく、自分からは話しかけようとしない人が多いという。

しかし、モテる人ほどプライドを低くして、自分から積極的に話しかける習慣を持っている。

つまりあまり断られる事を恐れたり、変なプライドを持たず、思い切って話しかける勇気を持つ事で思わぬ結果が待っていると思う!

ナンパと言っても告白するとかデートに誘うじゃなくても、ちょっとした会話を楽しむだけでも楽しいし、自分が変われるかもって思っても、なかなか実現できないのが現実。
それでも可愛い子と出合いたいって思うのが普通。そんなとき、自分を変えるういう難しい手段をとるより、風俗に行くことにする。(笑)

正直、発散のために酒を飲んで肝臓を壊すより俺は風俗に行く!
可愛い子ちゃんが気持ちよくしてくれるし、心も身体もリフレッシュにできる心身的に一番良いイベントというかスポーツというのは風俗に限るだと俺は思うね。

上野の風俗に行く。北の玄関口上野!

ヘルス、デリヘル、ピンサロ、人妻、エステ、手コキ、エステ・・・上野風俗になんでもあり。

興味があるってなら、上野風俗の詳しい情報はネットの上野風俗店一覧を見て!

・ノーハンドで楽しませる人妻 上野店

・ファッションヘルスの上野シャンゼリゼ

・上野回春性感マッサージ俱楽部

・デリヘルの癒しのミセス 上野

・上野プチセレブ

これらのお店は個人として、大変オススメなので、上野を起こした際、是非探してみた方がいいと思う。

まぁ、ナンパより上野風俗に行く方が楽って!!

 



だから、そんな自分を追い詰めて柄でもないナンパするなら、俺は風俗だな!まぁ、でも、ぜったく調べた理論なんで、試してみる価値があると思うから、是非やってみた方がいいかも!

ナンパに最適な上野のお祭りに可愛い浴衣を着ている女の子たちの後ろ姿



江戸川乱歩が描く究極のエロ

ミステリー好きな人なら見た事がある人もいるかもしれないけど、ほとんどの人は名前を知っているだけど、実際に作品を見た事は無いんじゃないだろうか!?

江戸川乱歩っていうと、名探偵コナンの名前の由来の江戸川乱歩+コナン・ドイルの江戸川乱歩って事で聞いた事があるっていう人も多いんじゃないだろうか?

江戸川乱歩は明治時代生まれの人で、有名な作品としては「怪人二十面相」だと思うんだけど、明智小五郎とか、少年探偵団とかは誰でも知っていると思う。

個人的に印象深いのは明智小五郎登場作品の「屋根裏の散歩者」、「人間椅子」、「パノラマ島奇談」、「芋虫」辺りが衝撃的だったのを覚えている。エロティックミステリー、読んでいてなんか恥ずかしくなっちゃう。

大阪に行き付けのSM風俗店「クラブドミナ」。女王様は厳しく、優しく接してくれる。その優しさは本物だ!

その女王様のSはサービスのS。俺みたいなデブ男も真剣にぶつかってくれる。俺はなんか芋虫の主人公のようで、切ないけど、なんか幸せだったというなんとも言えない複雑な気持になる。だから、俺の中は、自分の投影に見えるものを感じる「芋虫」が一番好きなんだ。

江戸川乱歩は言うまでもないかもしれないけど推理小説の作家で、今でいうところのミステリー作家。

今でも人気の衰えない推理物は全て江戸川乱歩の影響を受けていると言っても過言じゃない程、バラエティに富んだ作品を多数輩出している。

そのうちのいくつかは見た事があるけど、とにかく内容がえぐい、えぐいけど、だからこそリアリティがあり、その毒がいまだに多くの人たちを魅了する魅力なんだと思う。

作家デビューする前には様々な仕事を経験していたらしく、実際に日本初の探偵事務所で探偵をやっていた経験もあるらしいので、その経験が明智小五郎を生んだのだろうか!?

現実世界では、江戸川乱歩のような世界はないけれど、男を幸せな「芋虫男」にしたのが風俗嬢。風俗嬢に関することを全部知りたいのは俺。

一番好きなあの大阪SM風俗「クラブドミナ」、今も高収入がもらえる風俗求人の広告出しているみたい。

最近大阪ではバラエティに富んだサービスの風俗店が増えているけど、大阪は昔からディーなサービスが多い風俗店が多いエリアとして知られているね。

やはり大阪はノリ・ツッコミの文化があるので、一方的なサービスよりも相手が求めることに応える気質が大阪人の心に、サービス精神として備わっているのかもしれない。

大阪で風俗店と言うと女性が裸になって男性に尽くすというのが一般的なサービスのイメージだと思うけど、最近大阪で人気の手コキ風俗やオナクラなどのお店は、明らかにドM男向けのサービスなので、Sっけのある女性が楽して稼げる風俗店として大阪の風俗界でも話題になっているのが嬉しいニュース。

しかし大阪には、手コキやオナクラでは満足出来ない、昔っから俺のようなハードなM男たちがいるので、そういった人たちは大阪にある手コキやオナクラではなく、SM専門店に通ってしまう。

大阪のSM専門店というと「イルミナティ」と「クラブドミナ」が有名で、いずれも受け身のプレイがないので、来店してくるのは大阪の生粋のドM男たち、まさに芋虫男の心のよりどころ。

ここで働く風俗嬢は全て女王様なので、Sっけが無い人は務まらないかな?!

逆を言えばSっけがある人は、ストレス発散をしながら、好き勝手振る舞ってお金が稼げるのがいい!

もちろん、女王様はドM男たちから何かしら指示されることはないので、服を脱ぐ必要もなければ、触られることもない。

当然、裸にならずドM男たちから触られることもないから安心して稼げるのがいい!

しかも初めての女王様なので何をやっていいかわからないという人のために、未経験の女性でも一から丁寧に指導してくれるので、未経験者でも安心って。

実はこういったお店に通うドM男たちの大半は社会的地位の高いインテリが多いというデータもあり、会社の経営者など、普段はむしろドSな人たちの方がドM男としてSMクラブにハマる人が多いみたいんだけど、俺のような普通のサラリーマンも少ないな気がするけど、やはり財力や権力を持ってる人こそ、SMにハマる人が多いじゃないかな~

なので、客層的にも逆に身元のしっかりしている紳士的でまともな人も多いので、そういった意味でも、大阪で風俗で大稼ぎしたいのであれば、「イルミナティ」と「クラブドミナ」がオススメかな~

で考えれば、実は芋虫男もかなりのMだと思うけどそんなエロい女房がいたら、自分も、願望と言えば、芋虫男になりたいです。(笑)


      大阪sm風俗店に飾っている沖縄の怪物シーサー