男ヤモメにウジがわくとは、実に言い得て妙

ジメジメしたこの季節に窓を閉め切った誰もいない部屋が一日10時間程度あれば、色々と問題が発生します。

まずは、風呂場。
ここは、カビキラーを全開に、タワシでごしごしとやってやりました。

次が洗面台。
壁際の部分に黒い影、ここでもカビキラーが大活躍。

そして、ベッド。
ベッドマットをどかして見たら・・・書けません。
書けませんが、とりあえず、掃除機かけて、拭いて、風通しのいいところで陰干し。
布団類は、一斉に太陽光で消毒。

シンク周りも忘れてはいけません。
三角コーナー付近と排水部分の怪しい影&シミは、ブリーチブリーチで撃退。
レンジ周りもフィルターを代え、レンジ用洗剤でゴシゴシです。

最後の難敵、冷蔵庫。
小さい冷蔵庫の奥の奥、怪しいきゅうりに忘れされた漬物。
ごみ箱にIN。
黒と青の斑点の浮いた食パンもごみ箱にIN。

余力のあったので、クーラーのフィルターを掃除して、独身男の怪しいお掃除終了!

こまめに掃除できればいいのだが、面倒だし、うまくできないしで、この状況。
やはり、女子が必要なのだよ、女子が。

でも、最近は、家事をやらそうとする女子もいるらしいので、その様なトラップに十分に気を付けたい。

 

    不思議な眼差しをするサル