最高にくだらん、最高に楽しい!

先日、友人4人とお酒を飲んだ。
この4人がそろうと、大体のコースとしては、「居酒屋」[キャバクラ」「風俗」「カラオケ」となる。

個人的には、早めに帰りたいのだが、キャバクラまで行くと、最後まで上野の風俗に行ってしまう。

今回も、野郎の一人がどうしもて紹介したい女の子がいると言うので集まったが、要は、キャバ嬢を紹介したかったらしい。

この辺が分かれ目だが、キャバ嬢がラスト上がってからカラオケに行くか行かないかが、風俗とカラオケの境目。

当日は、金もないので何とかカラオケでと思っていたら、紹介された子が多分、トップクラスの子。

経験上、トップクラスの子は、お金のある男性に靡く傾向があるのだが・・・2時間後、他のテーブルに居るよ。
無理な時のサインが点滅中。

もう一人の奴が、顎をしゃくるので、そのままトイレにGo!
結論、こりゃ、ふられるから風俗の用意が必要で意見が一致。
時間を気にしながら奴を抜かした3人でアイコンタクト。

奴は、延長を希望してたけど、そこは引き際と連れ出し、まだ、行けそうな風俗を探す事にした。

そして、お決まりのカラオケは、「失恋レストラン」。
そろそろ、お水の子に気持ちを持って行かれるのは如何な物かと3人で説得中。

 

   セクシーポーズをしているネズミ